ゴルフで飛距離を出すためには、ボールの初速とスイング軌道に合ったゴルフクラブ選びが重要になります。 ボールの初速を決める要素としては、ヘッドスピード、ミート率、インパクトの瞬間のフェース角度などがあるでしょう。 それに、打ち出し角度やバックスピン量などが影響して、飛距離が決まります。 できるだけ効率よく飛距離を伸ばしたい場合、ヘッドスピードを上げるよりは、ミート率を上げることに重点を置いて練習した方が成果がでやすいです。 つまり、飛ばすスイングのコツは、シャフトがいつも同じ軌道を通るように、常に一定のスイングをするということです。 脇を締めるようにしてダウンスイングし、フォロースルーを大きくするといいでしょう。 飛距離を伸ばそうとすると、どうしても力んでしまって、かえって飛ばないことも少なくありません。 力で飛ばそうとしても限界がありますから、ミート率を上げる練習をするようにしてください。 飛ばしたいと思う時こそ、いつも通りのスイングでしっかりミートさせることを目指しましょう。